カノープス研究所

―「なんの役にも立たない物の方が、かえって美しいじゃないか」―

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

蒼い鳥のはなし

ソチ五輪でのフィギュアスケートに感動して、ブレスレットを作りました。
続きを読む
スポンサーサイト
品物棚 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雪の女王の城の柱の石

先週の東京を覆った大雪の日、都心のビル群は厚ぼったい灰色の雪雲にかすみ、凍る空気に粉雪が吹き荒れ、北国なのかと錯覚してしまう程でした。

真っ黒に星ひとつ見えない終わらない夜と、白銀の永遠に閉ざされた世界。
雪の女王の氷の城もおなじ風景を見ていたのでしょうか。

自分のコレクションであるアクアマリンの原石を雪の中で写真に収めてみました。

続きを読む
博物室 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最近のこととノートの話

いつの間にか二月に入っていました。
このブログを更新したのが三ヶ月以上前だなんて信じたくない事実です。
年末からリアルの仕事が忙しくなり、ミンネや他への更新や制作が停滞してしまい大変申し訳ないです。
また、年始早々に入院したこともありなかなか制作への時間が取れずにいました。

以上、言い訳終わりです。


最近またminnneの方でほそぼそと販売を始めさせていただきました。
今日も早速「夜天の姫君」【http://minne.com/items/411430】と「星喰みの少年」【http://minne.com/items/418536】を発送させていただきました。
「コティングリーの妖精譚」【http://minne.com/items/418548】など、まだまだ販売中です。
どうぞご覧くださいませ。


P1030515.jpg
今日は前々から気になっていた、満寿屋の「MONOKAKIノート」と、ミドリの「MDノート」を買いました。
どちらも万年筆で書くのに定評のある、書き心地のよい裏ぬけしないノートです。
MDノートは表紙にグラシン紙のカバーが巻かれ、真っ白な厚紙の表紙だったのですが、そのままでは汚れてしまうと思ったのでとりあえずだいぶ前に買った絵本の包装紙でカバーをかけました。ショーン・タンの「エリック」という絵本の限定包装紙です。

P1030516.jpg
こちらはMONOKAKIノートの中身。横罫9mmの太めの幅で、万年筆でものびのびかけます。7mmとか6mmだと狭くて字が潰れてしまうので、このゆったりとした罫線が使いやすいです。こちらは小説を書くときの下書き用に使っています。

P1030517.jpg
こちらがMDノートの中身。こちらは以前他のサイト様でお見かけした、「自分の気に入った本の一章節を書いていって自分だけの本を作る」ということがとても素敵だと思ったので、同じように自分のお気に入りの言葉や詩を書いています。写真に映っているのはブレスレット「星喰みの少年」のモチーフにもした、宮沢賢治の「敗れし少年の歌へる」です。
この詩はとても言葉回しが綺麗で、悲しくてとても好きです。 【mica】



 「敗れし少年の歌へる」宮沢賢治
 ひかりわななくあけぞらに
 清麗サフィアのさまなして
 きみにたぐへるかの惑星ほしの
 いま融け行くぞかなしけれ

 雪をかぶれるびやくしんや
 百の海岬いま明けて
 あをうなばらは万葉の
 古きしらべにひかれるを

 夜はあやしき積雲の
 なかより生れてかの星ぞ
 さながらきみのことばもて
 われをこととひ燃えけるを

 よきロダイトのさまなして
 ひかりわなゝくかのそらに
 溶け行くとしてひるがへる
 きみが星こそかなしけれ

 青空文庫より

マイカの部屋 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。