カノープス研究所

―「なんの役にも立たない物の方が、かえって美しいじゃないか」―

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雪の女王の城の柱の石

先週の東京を覆った大雪の日、都心のビル群は厚ぼったい灰色の雪雲にかすみ、凍る空気に粉雪が吹き荒れ、北国なのかと錯覚してしまう程でした。

真っ黒に星ひとつ見えない終わらない夜と、白銀の永遠に閉ざされた世界。
雪の女王の氷の城もおなじ風景を見ていたのでしょうか。

自分のコレクションであるアクアマリンの原石を雪の中で写真に収めてみました。

P1030520-.jpg


P1030521-.jpg


ほんのりと雪あかりで鉱石の淡水色が透けて、ぼんやり反射しているのが綺麗です。

こちらはパキスタン産 アクアマリン(藍柱石)。欠けはありますが純度も高く、根元は完全に六角形の結晶になっています。
良く目を凝らせば、彼女が閉じ込められた氷の城が覗けるかも・・・なんて。【mica】

スポンサーサイト
博物室 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<蒼い鳥のはなし | ホーム | 最近のこととノートの話>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。